デザイナーズの注文住宅の魅力について

一戸建て住宅には様々な形があります。一戸建て住宅を大きく分けると、注文住宅と建売住宅に分かれます。このうち建売住宅の方は、建築会社が設計をして建築された後に購入するのが普通です。一方、注文住宅の場合は、施主が設計士と一緒に設計をして規模の住宅を建築することができる、という魅力があります。金額を見ると注文住宅の方が建売住宅より2割から3割ほど高くなるのが特徴です。その理由は、オーダーメイドで設計をしているからです。最近は様々な形ができてきました。その一つがデザイナーズ住宅と呼ばれるものです。この住宅の特徴は、デザインを重視した住宅になりますので、見た目がとても優れていることです。では具体的にどのような点に魅力を感じるか説明をしていきます。

少し変わったデザインにできることが魅力

デザイナーズ住宅の魅力の一つは、デザインにあります。デザインは自由ですが、どのようなデザインにするかを明確にしておくことが大事でしょう。デザインも決められずに住宅を建築してしまうと、中途半端な住宅になってしまうからです。そこで、どのようなデザインにするかを事前にモデルルームなどを見て確認しておきましょう。明確なデザインができた時に、設計事務所にお願いをすれば理想通りの住宅を建築してくれる可能性が高いです。これによってより魅力的なデザインの住宅に住むことができ、満足感もこの上ないです。デザイナーを選ぶ時のポイントは、そのデザイナーの過去の作品を見ることです。おおよそ一人のデザイナーは似たような作品を作りますので、魅力ある作品をつくる人を選ぶようにした方がよいです。

実用性についても少しは気にすることが大事

魅力的なデザイナーズ住宅をつくることができた場合、さらに満足をするには実用性が高めることです。実はデザインを重視することと実用性を高めることは矛盾することが多くなります。例えば、室内の壁をおしゃれにするためにコンクリートを打ちっぱなしにした壁を使うこともできます。ですがそのような壁は決まって断熱材が入っていませんので冬場はとても寒いのです。そのように考えると、デザイン重視と実用性は相反してしまう関係にあることがわかるでしょう。そこでデザインを重視しながら実用性を高める工夫をしましょう。できればどちらかを少し妥協をさせた方がいいかもしれません。例えば、コンクリートの打ちっぱなしであれば、冬場は暖房代がかさみますので、メインルームだけコンクリート打ちっぱなしにして、それ以外の部屋は断熱材を入れるという工夫です。

モデルハウスは、展示場エリア・住まいのスタイルからお選びいただけます・ 60年以降も有償で、毎年10年毎の定期点検も行っています。 お問い合わせフォームより、簡単入力で資料請求も承っています。 ガレージハウスや二世帯住宅など、こだわりから誕生した施工事例も多数掲載しています。 東京・埼玉・千葉のデザイナーハウスのPOHAUS。 デザイナーズ注文住宅をお考えの方は【ポウハウス】