デザイナーズの注文住宅のメリットとデメリット

優れた機能性と優美な外観をあわせ持つデザイナーズ注文住宅は、家について強い興味や関心のある方にとっては特に魅力的に感じられます。多くの場合は専門のデザイン事務所や建築家に依頼をして建設する事になりますが、著名なクリエイターやデザイン性の高い製品を取り扱う企業などが考案し、ハウスメーカーとコラボレーションしたモデルハウスも各地で見られるようになるなど、より身近な存在になりつつあります。もちろん一般的な住宅と比較するとメリットになるところも、逆にデメリットとなるところもあります。それぞれを見極めた上で決定するのが良いでしょう。十分に納得のいく家造りとなるためには、実際にその家で生活するシミュレーションを行い、家族とともに住まい方を考えることが大切です。

そこに住まう人の個性と思いを最大限に表現する家

デザイナーズ注文住宅の最も大きなメリットといえるのが、他にはない自分たちだけの個性あふれる住空間を手に入れることができるということでしょう。一般的なハウスメーカーの建設する住宅は、オーダーメイドの注文住宅である場合でも、商品としてのパッケージが既に存在するため、ある程度の規格化がはかられています。完全にオリジナルな家とするためには、やはり専門の建築家やデザイン事務所に依頼しなければなりません。自分たちファミリーの個性を豊かに表現し、毎日の生活を鮮やかなものとすることができるのは、デザイナーズ住宅ならではの特権であるといえるでしょう。その存在感と風格は街並みの中で大きく主張します。そこに住まうことのステータス感、満足感は一般的な住宅では味わうことができない特別なものです。

建築コストや使い勝手の観点では一般的な住宅と比較すると不利

大きなデメリットは建築コストです。工業化された通常の住宅では、建築材や内外装などの規格化で大量生産によるコストダウンが実現しますので、コストの削減も比較的容易です。しかし建築家や著名なデザイン事務所へ設計の段階から発注することにより、設計料やデザイン料が発生します。また特別注文する部材が多くなりますと、その分もコストがかさんでくることになります。一般的な住宅では、ハウスメーカーが積み上げてきたこれまでの実績や経験に基づいて、プランニングが最適化されておりムダのない使い勝手の良さが実現できますが、デザイン優先のプランとなると、使い勝手は犠牲にせざるを得ないというケースも少なくありません。もちろん、しっかりと突き詰めて時間をかけて練りあげることによって、使い勝手とデザインを両立させたプランニングも可能であるともいえます。デザイナーズ注文住宅を実現するためには、施主側の意欲や努力も必要となるでしょう。